配置・レイアウト自由な 特定方向の音声の集音に!16chバー状マルチマイクユニット(T-02A)

雑音が多い環境でも、特定方向の音声だけを選んで明瞭に取り込める
8ch×2本のバー状マルチマイクユニットです。(開発用キット)

e_protalk_03.jpg

8個のマイクを並べたユニットを2本1セットとして合計16chのマイクを使うことによって、雑音の多い場所でも特定の方向の音声だけを取り出し、明瞭な音声として取り込むことができます。
※ 音処理は、libmimixfe ライブラリ(フェアリーデバイセズ
  株式会社製)を利用して行います。

マルチマイクコントローラソフトウェアにより⾳源定位、ビームフォーミング、エコーキャンセル 等の機能を提供いたします。
※ 当機能の動作には、Linux PC が必要です。

ご利用イメージ

マルチマイクコントロールソフトウェア(開発用 libmimixfe ライブラリ)

音前段処理技術である「 libmimixfe ライブラリ」をベースに16chのマイクの音処理ができる開発専用ライブラリ・ソフトウェアです。
現行のライブラリバージョンでは16chごとの音処理が可能です。ユニットの連結により16ch x 4 までの音処理が可能なバージョンを開発中です。

  • libmimixfe ライブラリは、C++でのご提供となります。
  • ご利用環境はLinux(ubuntu16.04)を推奨します。
  • 当16chマルチマイクシステムを使ったプログラム/アプリケーションの開発・実装は、イ.ソフト株式会社にお任せください 。
  • 当ソフトウェアは、ライブラリでのご提供になります。また、ライブラリを使用したサンプルプログラムのご提供をいたします。

※ 当システムの技術、及び libmimixfe ライブラリ は、フェアリーデバイセズ株式会社の製品、商標です。

「16chバー状マルチマイク・ユニット」に関するお問い合わせ

首都圏事業本部/新規事業推進本部

「16chバー状マルチマイク・ユニット」に関するお問い合わせはこちら