16chバー状マルチマイク・ユニット

16chバー状マルチマイク・ユニットは、周囲の雑音を除去し、特定方向の音声だけを選んで明瞭に取り込める、8ch×2本のバー状マルチマイクユニット・システムです。

e_protalk_03.jpg

8個のマイクを並べたユニットを2個を1セットとして合計16chのマイクを使うことによって、取得した音から特定の方向の音声だけを分離し、明瞭な音声として取り込むことができます。
(音処理は、libmimixfe ライブラリを利用して行います)

マルチマイクコントローラソフトウェアにより⾳源定位、ビームフォーミング、エコーキャンセル 等の機能を提供いたします。
(当機能の動作には、Linux PC が必要です)

ご利用イメージ

マルチマイクコントロールソフトウェア(開発用 libmimixfe ライブラリ)

音前段処理技術を利用する libmimixfe ライブラリをベースに16chを超えるマイクの音処理ができる開発専用ライブラリです。
現行のライブラリバージョンでは16chごとの音処理が可能です。ユニットの連結により16ch x 4までの音処理が可能なバージョンを開発中です。

  • C++でのご提供となります。
  • ご利用環境はLinux(ubuntu16.04)を推奨します。
  • 当ソフトウェアは、ライブラリでのご提供になります。また、ライブラリを使用したサンプルプログラムのご提供をいたします。
    尚、当16chマルチマイクシステムを使ったプログラム/アプリケーションの開発・実装は、イ.ソフト株式会社にお任せください 。
  • 本ライブラリはPCで動作可能な為、コピーご利用本数を制限させていただきます。
    コピー数上限:ご購入マイクユニットの台数(本体の台数)分まで

※ 当システムの開発と技術、及び libmimixfe ライブラリ、Tumbler は、株式会社フェアリーデバイセズの製品、
  商標です。

このマルチマイクユニットは、お客様側で開発いただく製品です。
開発に関するサポート、及びソフトウェアの開発のお手伝いをいたします。

「16chバー状マルチマイク・ユニット」に関するお問い合わせ

首都圏事業本部/新規事業推進本部

「16chバー状マルチマイク・ユニット」に関するお問い合わせはこちら